フデリンドウ

DSC_1727_1

フデリンドウは根元の葉が広く卵形で厚味があるが、ハルリンドウの葉は細い。
フデリンドウとの大きな違い ハルリンドウは茎が株立ちすること。長さ2cm程の根出葉が多数ロゼッタ状につき、茎の葉は小さい。
両者の花は茎の上に1個付き大きさは ほぼ同じ。

コメントを残す

1 × 4 =