藤紫 ふじむらさき #a59aca

「明るい青紫」としており、文章表現では藤色と同じだが、色を数値で表した場合は藤色よりも少し濃くなっている。一般に、藤色がかった紫のこと。藤色より 紫みが強い。平安時代から江戸時代にかけて人気のあった藤色と高貴な色である紫を組み合わせた色。一種の復古的な気分を表す色とされ、江戸後期以降の色名 と考えられている。
写真は「セージの花」です。

DSC_4338_11

コメントを残す

4 + two =